年賀状に使えるペンはこれだ!

2015.12.13 update

年賀状を書く季節になりましたね。

今回は年賀状にいろいろなペンを試してみました。

まず、本文(通信欄)編。

年賀状にも普通紙、インクジェット紙、写真用紙(光沢のあるツルツルしたもの)がありますよね。

日本郵便のHPによると

https://www.post.japanpost.jp/question/51.html

普通紙はなんでも書けますが、インクジェット紙は万年筆とシャープペンが適さないということです。

さて、実際に試すとこうなりました。

 

ぺんためし01
おかしいな~ インクジェット紙に万年筆が書けてしまった。

こうしてみると、明らかに書けないのは写真用紙に万年筆とシャープペンだけですかね。

写真用紙に色鉛筆は画像ではいまいちですが、思ったよりは書けました。

インクジェット紙にシャープペンも意外と書けるようです。

ただ、インクジェット紙に万年筆は適さないと思います。何度か書いてみると、書けないことがありました。

日本郵便さんの言うとおり、適さないと思いますが、まれにうまくいくこともあるみたいです。

 

(普通紙、インクジェット紙は実際の年賀はがきです。写真用紙は用意できなかったので、

コクヨ写真用紙高光沢KJ-D12H-20を使用しました。※この商品の裏面はインクをはじきます。)

 

今度は写真用紙(光沢紙)の色の濃い部分に一言添えたいとき、どんなペンがいいのか試してみました。

下地の色に影響されない不透明インクの特性がわかりやすい白で書いてみました。

(デコレーゼだけ白が手元になかったので別色で)

 
ぺんためし040
私はポスカ、シグノがおすすめですね。

ペットボトルにも書けるというポンキーも試してみましたが、ちょっと写真は苦手のようです。

 

次は宛名編です。

日本郵便のHPによると

https://www.post.japanpost.jp/question/50.html

普通紙、インクジェット紙とも同じだということなので、なんでも書けそうですね。

写真用紙(光沢紙)の宛名面は少し違った気がしますが、種類があるようなので、今回は試せませんでした。

いろんなペンで試してみたので、参考にしていただければ幸いです。

 
ぺんためし02
急に字がうまくなったとお感じの方、そのとおりです、うまい人に書いてもらいました。

万年筆では、字幅が太くなるとにじみが出やすいようです。

それでも、読みにくいということはないので、気にすることはないかもしれませんね。

 

さて、ここまで見ていただきましたが、書けるペンをもっと確実に見つける方法があります。

それは、実際にお使いになる年賀状を店頭にお持ちいただいて、店頭で試していただく方法です。

スタッフにお声をかけてみてください。試せないペンもありますが、試せるペンもたくさんあります。

ぜひ、文具館コバヤシをご利用ください!

 

 

 

 

 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+